IE手法の活用方法③準備作業(付帯作業)の改善:流れ線図の活用法
IE手法の活用方法③準備作業(付帯作業)の改善:流れ線図の活用法

IE手法による分析・改善の対象は
直接ワークを加工・組立する作業だけが
対象なわけではありません

ワークを設備まで運んだり、図面を確認したり
といった準備作業も対象となり得ます

今回は、そういった準備作業を対象とした
IE手法による分析・改善方法について
説明します
  
  
   

準備作業を分析する前に


  
やはりどう考えても
いきなり「さあ、準備作業を分析しよう!」
とは、なりませんよね?

まずは、ざっくりとどんな作業が多いのか
全体像を把握することからスタートします

少し復習してみましょう
  
   

復習!ワークサンプリングによる稼働分析


  
「ざっくり」と分析する方法については
過去に説明しました
  
【過去の記事】IE手法の活用方法①まずは現場をざっくりと分析してみよう!
  
ワークサンプリングにより稼働分析する際に
作業が以下のように層別されました
  

主体作業 ・・・本来の目的である作業
 ┣ 主作業 ・・・主体作業のうち、加工・組立に直接的に関与する作業
 ┗ 付随作業 ・・・主作業に付随して間接的に必要な作業
付帯作業 ・・・本来の作業の準備や段取りなどの作業
余裕
 ┣ 作業余裕 ・・・必要だが不規則、偶発的に発生する作業
 ┣ 職場余裕(管理余裕) ・・・本来の作業とは無関係に発生する管理上の遅れ
 ┣ 用達余裕(人的余裕) ・・・人間として生理的に必要となるもの
 ┗ 疲労余裕 ・・・重筋作業などの疲れを回復するための遅れ
非作業 ・・・作業者の個人的理由や不明な場合

  
この分類における「付帯作業」が対象となります
  
では、具体的な分析・改善方法について
解説していきましょう!
  
   

フローダイアグラムとは?


  
フローダイアグラム(流れ線図)とは
レイアウト図に、物や人の移動経路を線図に表し
プロセスを分析するための手法です
  
過去に似たようなのがありましたね?
そうです!
フロープロセスチャートです
  
まずはフロープロセスチャートについて
もう一度押さえましょう
   

復習!フロープロセスチャートによる工程分析


  
フロープロセスチャートについては
過去に学習済みです
  
【過去の記事】IE手法の7つ道具③工程分析のフロープロセスチャート(加工工程分析)編
  
 
加工 ◯・運搬 ⇨・検査 ◇・停滞 D の
4種類の工程分析記号を用いて
工程全体を表現する分析手法でした
  
フローダイアグラムは
このフロープロセスチャートと同様の内容を
レイアウト図上に記載するもので
基本的な考え方はフロープロセスチャートと
同じです
  
  

特に行ったり来たりというような動きが
多い場合は
このフローダイアグラムで分析すると
判り易くなります

下記は旋盤とフライス盤をメインとした
金属製品製造業の現場の
フローダイアグラムを描いた例です

 

     
いかがでしょうか?
  
実際の物や人の動き(ムダな動き)が
イメージし易いのではないでしょうか?
  
  

しかし実際には見ている以上に
自らが作成する過程によって
多くの問題点に気付くことが
とても多いものです

そのため、皆さまが実際に
フローダイアグラムを作図できるよう
実際の書き方や改善の着眼点について
説明していきたいと考えます
  
  
   

フローダイアグラムにおける改善の着眼点


  
フロープロセスチャートと同様に
以下の視点で改善します
  
  

① D:滞留、▽:貯蔵 ・・・ 無くせないか、減らせないか
  
例えば、材料の一時置きやワーク保管(一時置き)は
その日の分だけを台車で運搬する
などして無くす、もしくは減らせないか?
  
 
  
② ⇨:運搬 ・・・ 無くせないか、減らせないか
  
例えば、材料の一時置きスペースを
無くす、もしくは減らしたことによる
活スペースに、作業台を移動させることで
作業台と旋盤との行き来は
無くす、もしくは減らせないか?
  
  
  
特にムダなのは
 D or ▽ ⇨ D or ▽
の流れです!
  
これも、フライス盤と旋盤の作業を
同期化することで、
ワーク保管スペースを減らせないか?
  
  
  
治工具も、よく使う治工具は
旋盤に近接化、もしくは
あらかじめセットすることで
治工具棚と設備の往復を
無くす、もしくは減らせないか?
  
といったようなアプローチです
この考え方も、以前学んだECRSですね♪
  
  
  
さて、今回は準備作業を対象に
フローダイアグラムを用いて
分析・改善する方法について
説明しました

   
   
  
それでは今日はここまで
今後とも宜しくお付き合いください☆

長文・乱文を最後まで読んでくださり
いつもありがとうございます♪

すべては御社の発展のために
すべてはあなたの笑顔のために

あなたの職場では改善は進んでいますか?

 従業員一人ひとりが積極的に職場を良くすることを習慣にしている。そんな職場はとても雰囲気もいいですし、お客さまからも信頼されますし、そもそも働いていて楽しいです。そんな職場づくりには仕事の基礎スキルである整理・整頓・清掃からスタートさせていくことが基本です。

 そこで今回はサイトのリニューアルを記念して、100名様限定で『従業員の意識を高める3S活動のマル秘ノウハウ』資料の無料ダウンロードを再開することとしました!

 ぜひ、あなたの職場をよくするためのヒントとしてご活用いただければ幸いです。

社員が変わる!職場も変わる!従業員の意識を高める3S活動のマル秘ノウハウ

おすすめの記事