検査とは何か?品質管理で重要な検査の種類について
検査とは何か?品質管理で重要な検査の種類について

品質保証を進めるうえで重要になる
検査というプロセス

その検査にはいくつかの種類があり
また方法もさまざまなものがあります

そこで今回はその検査には
どんな方法があるのか
そしてそれぞれどんな特徴を
持っているのかについて
説明をしていきたいと思います

 

検査とは何か?

検査とはいったい
どういうものでしょうか?

いつものようにWEB検索をしました

【検査とは何か?】
ある基準に照らして適・不適、異常や不正の有無などをしらべること。

さすがにわかりやすいですよね!

実際には商品またサービスに対して
測定、試験、検定、ゲージ合わせなど
規定要求事項と比べて適合しているか
適合していないかの判定をします

 

規定要求を満たしていれば『適合品』
満たしていない場合は『不適合品』
呼ばれます

ま、昔は『良品』『不良品』
一般名称で呼ぶことが多かったですが
今はISO上の呼び名から
『適合品』『不適合品』と表現します

検査を進めるためには以下の3つの
プロセスが必要となります

【検査を進めるための3つのプロセス】
プロセス1:特性の測定方法の検討
プロセス2:合否判定基準の設定
プロセス3:上記により検査し判定

この3つのプロセスを確実に
行っていくことが必要です

 

検査が受け持つ2つの役割

また検査には2つの役割があります

1つ目は、不適合品を後工程や
お客さまの手に渡らないように
つまり品質を保証すること

もう1つは、検査部門の判定情報を
早く製造部門へ伝達することです

前者はもちろん単純に加工のムダの
削減に貢献しますし
後者は製造条件の最適化につながり
不良・手直しのムダ削減に寄与します

それでは早速、この検査の種類には
どのようなものがあるか
見ていきましょう

 

検査の種類について

検査には2つの分類の方法があります

それは検査の実施段階による分類と
検査方法による分類です

では順番に説明していきます

 

検査の実施段階による4種類

まずは検査を実施する段階によって
検査を分類した種類は以下の4つです

【検査の実施段階による4種類】
種類1:受入検査(購入検査)
種類2:工程間検査(中間検査)
種類3:工程内検査
種類4:出荷検査(最終検査)

それではこの4種類について
もう少し補足していきましょう

 

種類1:受入検査(購入検査)

受入検査(購入検査)とは
『物品を受け入れる段階で受入の
可否を一定の基準のもとで行う検査』
です(JIS Z 8141)

この受入検査は、委託(外注)先の
作業がすべて完了して完成物として
納入された時点で行われる検査です

一方で社外から購入する品物の検査は
購入検査を呼びます

呼び名の違いは、委託(外注)品か
一般品購入品かということ

 

種類2:工程間検査(中間検査)

工程間検査(中間検査)とは
『工場内において、半製品を
ある工程から次の工程に移動して
ようかどうかを判定するために
行う検査』を言います

 

この検査は検査部門が行う場合と
製造部門が行う場合があります

特に、作業者が自分で行う場合は
自主検査(自主点検)と呼んで
加工・組立と検査を一緒に実施します

そのため作業員の品質向上意識を
高めたり、工程へのフィードバックが
早くなるためよく導入されています

一方で自分の評価に甘くなる傾向が
あるため検査方法には工夫が必要です

 

種類3:工程内検査

工程内検査とは
工程を大きくとらえて
1工程中の中で行われる検査を
指します

 

種類4:出荷検査(最終検査)

出荷検査とは
商品を出荷する前に行う検査です

また、最終検査とは
完成した製品が要求事項を満たして
いつかどうかを判定する検査で
品質保証上、最終のしめくくりとなる
重要な検査となります

なお、決められたすべての検査が
問題なく終了するまでは
製品の出荷はできないルールに
なっている工場がほとんどです

 

検査の方法による分類

そのほかに検査方法による分類も
よく表現されますので要チェックです

【検査の実施方法による3種類】
種類1:全数検査
種類2:無試験検査・関節検査
種類3:抜取検査

それではどんな検査なのかを
もう少し補足します

 

種類1:全数検査

全数検査とは
『製品またおはサービスの
全てのアイテムに対して行う検査』
のことを言います

アイテムとは、
個数で数えることができるような
一つひとつが明瞭に分かれているもの
を指していて、検査単位とも言います

このアイテム(検査)単位で
『適合』『不適合』を判定します

 

種類2:無試験検査・関節検査

無試験検査とは
品質情報・技術情報などに基づき
試験を省略する検査であり
書類等によりロットの合否を判断する
検査のやり方です

次工程に迷惑が出ない前提の時に
採用されることが多いです

 

種類3:抜取検査

よく採用されているのがこの抜取検査

抜取検査とは
等しい条件下で生産されて
あらかじめ定められた検査方法で
サンプルを抜き取って検査して
そのロット全体の合否を判定します

その検査方法は統計的な理論に
基づいて設定されることが多いです

 

検査とは何か?品質管理で重要な検査の種類についてまとめ

さてこの品質管理上での検査工程の
重要性と種類についてお話しました

品質を保証するには切っても切れない
機能ではありますが、できれば
生産の上流工程の安定化を図って
検査が必要な職場にしたいものですね

 

 

それでは今日はここまでです
今後ともよろしくお付き合いくださいませ☆

長文・乱文を最後まで読んでくださり
いつもありがとうございます♪

すべては御社の発展のために
すべてはあなたの笑顔のために

あなたの職場では改善は進んでいますか?

 従業員一人ひとりが積極的に職場を良くすることを習慣にしている。そんな職場はとても雰囲気もいいですし、お客さまからも信頼されますし、そもそも働いていて楽しいです。そんな職場づくりには仕事の基礎スキルである整理・整頓・清掃からスタートさせていくことが基本です。

 そこで今回はサイトのリニューアルを記念して、100名様限定で『従業員の意識を高める3S活動のマル秘ノウハウ』資料の無料ダウンロードを再開することとしました!

 ぜひ、あなたの職場をよくするためのヒントとしてご活用いただければ幸いです。

社員が変わる!職場も変わる!従業員の意識を高める3S活動のマル秘ノウハウ

おすすめの記事